原稿審査と推敲及び校正

お客様の原稿受領後、弊社の出版プログラムに適するかどうか、ストーリーの内容を審査致します。
その後、出版に当たり、原稿を印刷会社へ引き渡す前、以下の三段階で詳細に推敲、校正を行います。

一、正字法、表記法、用字法、句読法、タイポグラフィ(誤字、脱字、仮名遣いの訂正、ふり仮名の補足、文法についての添削作業を行います。

二、更に、文章構成と表現の見直し、文体の訂正と統一を行う編集作業に入ります。
必要と判断された場合は、内容的な言い換えや訂正が行われます。その際、作品の雰囲気を損なわないよう、弊社は必ずお客様に確認をさせて頂きます。
この段階でもタイポグラフィと文法の添削作業が行われます。

三、印刷前の最終段階として、文体、ブック・デザイン(レイアウト、段落、ページ番号、挿絵のクオリティ)など、作品のデーター全体のコントロールを行います。
推敲、校正、データーのチェック作業は最低二名の編集者によって行われます。
印刷前のこの工程は、日本語の原稿だけではなく、外国語翻訳にも該当します。